赤ら顔のせいで次第に性格も内向的になりました

私の赤ら顔の体験談


私は40歳の女性、現在は専業主婦です。

子供のころから赤ら顔に悩まされてきました。

自分の顔が赤いと気付いたのは小学校高学年になってからです。常に顔が赤いことをクラスの男の子にバカにされたからです。

家族からは血色が良いと言われていたので自分でもそう思っていたんですが、授業で発表するときなど男の子から「なんで顔赤いの??」と冷やかされて笑われたりしました。

次第に性格も内向的になりました。

中学高校では赤ら顔を何とかしたいと過度なスキンケアを繰り返したせいで皮膚自体が敏感になり薄くなってしまいました。

市販されているスキンケアが沁みるようになって使えなくなりましたが、とにかく「顔が赤いことは恥ずかしくて馬鹿にされることなんだ」という過去の経験から校則では禁止されてはいますがファンデーションも塗っていました。

当時は今みたいにインターネットで欲しい情報がすぐに調べられるような時代ではなかったので、ゴシゴシとメイクを落としたり、コットンでパッティングを過度に行う間違ったスキンケアに気づいていませんでした。

そんな赤ら顔のコンプレックスから間違ったスキンケアを続け、年々顔の赤みが強くなってきました。



赤ら顔は悪化しましたがメイクに関しては腕が上達し、メイクをしているときはうまく隠せるようになり、大学時代には誰も私が赤ら顔に悩んでいるということには気づかなかったようですが、友達同士で旅行に行ったときにメイクを落としびっくりされました。

就職先でも誰にも気づかれなかったんですが、結婚するときに式場のメイクさんのメイク技術がへたくそで、赤み部分を思ったようにカバーできなくて、「もう少し頬の赤みをカバーしてもらえませんか?」とお願いしてみたところ、「こんなに赤みがひどい人は見たことがない。

カバーばかり考えずに治した方が良いんじゃないですか?」と上から目線でいわれたことが非常に悔しかったです。

治そうとしても治らないからメイクでカバーしてコンプレックスを隠しているのに、そんな言い方ってないのでは?と思ったので、式本番はそのメイクさんにはお願いせずに自分でメイクをしました。

結婚式でプロのメイクさんにメイクをしてもらって華やかになる方がうらやましかったです。私はいつものカバー重視のメイクで、華やかさとは無縁のメイクに仕上がりました。

何となくその式場や他のスタッフに対しても不信感しかなく心から嬉しいと思うことはなかったです。

子供のころだけではなく大人になってからも心無いことをいう人っているんだと思いました。


赤ら顔を治す方法はこちら


赤ら顔のせいで次第に性格も内向的になりました